家元の呪縛

こんにちは。
マインドシフト®ライフクリエイター
宮本園えです。

このところ、
私の周りで、
いわゆる、
家元縛りが話題になっています。

何かを学んで・・・
例えば、何かの認定講座で、
認定・・つまり、お墨付きをいただく。

そうすると、
その冠を使うために、
ずっと縛られている人たちが
とても多い・・というもの。

確かに、
とても素晴らしいものを学んで
認定をいただいたのに、
それをちゃっかり、
まるで自分が開発したかのように、
宣伝して、広げている方も
たくさんいらっしゃいます。
(認定に限らず!ですが。)
このSNS時代では、
「やりよう」で、いかようにも!
と思います。

でも、そりゃないだろーーー!
と思います。

が!!
縛りがきつすぎるのもどうかと思います。

たとえば・・・・

生け花のある流派、
例えばA流とします。
ここで学んだBさんが、
新しいお花の小物を開発したとします。

すると、Bさんが開発したその小物まで、
A流開発のくくりになってしまう!

A流で学んだBさんの作品です!という、
SNSのシェア画面には、
囲い込みの匂いプンプンだったりします。

他にも、毎年の更新手数料が必ず必要だったり。
(協会に名前を残すためだけに。)
そして、更新して、
送られてくるのは、
次から次へと、
新しい、ステップアップ講座のお知らせばかり。
そこでずーーっと、
継続して学び続けることを
余儀なくされたり。

これ、本人たちは、
すでに信者になっている場合が多く、
なかなか気づきません。

逆に、認定制度を持っていても、
とても自由にやらせている方もいます。
その人たちは、自分が自由だから、
相手を縛る事もしません。
認定はしますが、あとは本人次第!というもの。

これは、子育てにも通じるね!
と、この件で会話していた友人が語っていました。

自分が自由なお母さんは、
子どものことも尊重して自由にさせている。

そうでないお母さんは、
子どもを締め付けて
自分の思う通りにしかやらせない。
子どもの自主性なんて育たない。

・・・って。

認定制度で縛る協会は、
子どもを信じることができず、締め付けが強い親といっしょ。
オリジナルが劣化されれながら展開されるのを嫌い、
(実際は、そうしかならないくらい、難しいシステムだったりする。)
広げることより、守る事に重点が行っています。

あ、誤解のないように言いますが、
今語っているのは、
内容の話ではなく、
認定制度の話です。
どの協会も、内容は、素晴らしい!というのは、
大前提です!


でも・・・・

もっと自由でいい。
もっと楽しくていい。

私もこの春、
わがままなコーチングスクール開講します。
ここでは、知りたいことだけ学べます。
部下指導や子育てて。
そりゃ、全部知ってればいいけれど、
今知りたいのは、
今困っていること!

そういう方のための、
カスタマイズしたコーチングスクールです。

いつかコーチとして
開業したい人は、
専門のコーチングスクールへどうぞ。
いつか使うであろうスキルを、
たっぷり時間とお金をかけて、
学んできてください。

でも、いつか役にたつと思って学んだことって、
その「いつ」が来ないうちに、
すっかり忘れます。

あ、これ、私のことです。

ものすごーーーーーく、
時間とお金をかけて、
そりゃ、いろいろ学びました。
ありがたいことに、
ものすごくいい会社に勤めていた(らしく?)
いただいた退職金を、
相当突っ込みましたから。
高級車が買えたなぁ・・・と思うくらい。

でも、実際につかうスキル
使える学びって、
切羽詰まった状態で、
使ってなんぼです。

そんな経験を生かして、
今、まさに知りたいことだけ。
を学べるコーチングスクールです。


これも、認定制度にする予定ですが、
冒頭に書いた様な、
協会やその主催団体を守るための
認定制度にはしません。
だから、更新もありません。

興味のある方は、
お知らせくださいね。

今、とってもシンプルな(シンプルすぎる)
コンテンツを準備・整理しています!

・・・と、今日は、
ちょっとだけ、私の決意を語るにふさわしい春の日。

2019年2月24日     感謝を込めて。

                                                                                                                                                                                                               

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP